蘇州館について

ご挨拶


"蘇州館"の名に込めた思い


 蘇州館代表講師 久米ひろみ

私には語学学習における信条が有ります。
他の国の言語を話すということは、気持ちや感情、物の感じ方、考え方までその国の民族のものに近く変わる、もしくはそれを深く理解している、という事です。
語学習得レベルが上がってくると、よく「直訳できない」壁にぶつかりますが、それを乗り越えるには「(その国の文化などを)自分の中に宿す」必要性があると考えます。


そこでまず語学教室を開いた際、私は「ただ単に語学を勉強する無機質な空間」にはしたくありませんでした。
内装は中国蘇州の茶館風に、机と椅子も会議用のものではなく、蘇州から本物の紅木高級彫刻家具を輸入しました。
受講生の皆さんに中国の良い物に手で触れて頂き、そして中国茶を飲みながら、リラックスして受講して頂ける環境を作りたかったのです。
五感で異文化を感じる事が語学の上達に繋がると考えたからです。


そこで名付けたのが「蘇州の茶館」という意味からの「蘇州館」でした。


2005年3月、中国語教室として開校した蘇州館は受講生の皆さんから「蘇州館で、英語も勉強できるようにしてほしい」という要望を頂き、今では英語・中国語・日本語の3言語を学ぶ語学センターへと発展して参りました。
2階を中国語教室に、3階を英語教室にし、3階の内装は西洋風にしています。 本格的にこれら3言語も学べる教室は他には無いと自負しておりますと同時に、多くの受講生の方々にご支持頂いたお陰と心より感謝致しております。


今後も語学において更に社会貢献できる語学センターであるよう、責任感と誠意をもって積極的に活動して参る所存です。
今度とも皆様からのご高配を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。


一人一人に丁寧な発音を指導!

[経歴]

■1994-1998:松下電器産業(株)中国本部 中国向け海外営業(電子部材)担当
■1998-1999:北京語言文化大学 留学
■1999-2002:蘇州松下電工有限公司 営業担当(中国蘇州勤務:電子材料)
■2002-2003:上海モレックス有限公司 営業課長(上海勤務:電子部品)
■2006年1月:中国語講師資格取得
■2007-現在:日本語・英語講師


理念


"本当に話せるようになる楽しい教室"


POINT01

受講生が本当に話せるようになる


受講生は何故、語学スクールに通うのでしょうか?
特に日本人において語学とは「読み書きはできるが、聞く話すが難しい」という共通問題があり「話せるようになりたい」「会話ができるようになりたい」というニーズが一番高いと思われます。


そこで蘇州館では、会話に特化した「聞く話す」の能力を上げる授業をモットーとし、受講生の会話レベルを上げる事を第一目的として、授業を営んでいます。



POINT02

授業が楽しい


「好きこそものの上手なれ」 どんなに好きな語学でも、授業が楽しくなければ、継続受講は難しいものです。
継続学習無く、語学の上達は望めません。楽しいからこそ継続できる「継続は力なり」。
授業が「好き」になって、どんどんやる気が出て、受講生の皆さんも誰に強いられることなく自主的に努力され、上達が早くなります。


「授業は楽しくなければならない」、その信条で、講師一人一人が楽しく分かりやすい授業を提供します。




POINT03

授業のブランド化


授業には「授業の品質」があります。「統一された高い品質」=「ブランド」という認識の下、蘇州館では講師一人一人が、「蘇州館授業マニュアル」に基づき、授業を行います。


講師たちが独自に自分の考えで授業を行う事なく、代表講師久米がすべての授業を一元管理し一人一人の講師に授業内容、授業の方向性を日々指示する事で「蘇州館ブランド」の授業を確立しています。



教室概要

名称蘇州館 外国語センター
代表者名久米ひろみ
所在地〒594-1156 大阪府和泉市内田町2-2-6
電話0725-54-3391(TEL・FAX) / 090-6050-4439
受付時間:平日 AM10:00-PM9:00 / 土曜 AM9:00-PM7:00(日曜休み)
創設2003年3月創設
2005年3月クラス開講
2005年6月教室開校
業務内容中国語、英語、日本語教育
中国語教室・英語教室、日本語教室・二胡教室
翻訳・通訳・中国語講師派遣(企業研修等
従業員代表講師1名、英語講師4名、中国語講師4名、事務1名